• ホーム
  • 採用情報
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > IR情報 > 経営者からのメッセージ > 投資家の皆様へ
IR情報
  • IRニュース
  • 経営者からのメッセージ
  • 株主還元
  • 業績・財務情報
  • IRライブラリー
  • 株式情報
  • 電子公告
  • 中京医薬品紹介ムービー
  • CM紹介
お問い合わせ
お問い合わせ

IR情報

経営者からのメッセージ

米津 秀二

 株式会社 中京医薬品
 代表取締役社長

米津 秀二

株主の皆様へ

わたしたちは、ふれあい業の進化を目指していきます。


 株主の皆さまにおかれましては、平素より格別のご支援並びにご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。ここに、中京医薬品の第43期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)のご報告をするにあたり、株主の皆さまへ一言ご挨拶申し上げます。

当期の経営成績

 当事業年度の当社は、新型コロナウイルス感染拡大による社会の大きな変化に対応し続け、その変化をチャンスにすることができた一年でした。春先から日本中で感染予防ニーズが一気に高まり、マスクや消毒液が店頭から消えるなど、これまで経験したことのない状況に対し、「お客さまを感染から守る」という強い使命感を持ち、当社ならではの取り組みをいたしました。また、新型コロナウイルス感染症の流行に対し、当社は厳重な対策と管理統制を実施した上で事業活動を継続し、平常時と同水準の事業稼働率を維持いたしました。

 小売部門においては、市場で品薄となったマスクや消毒液などの衛生関連商品をタイムリーに提供することで多くのお客さまに安心とともにお喜びいただきました。さらに、家庭や事業所等での感染予防を啓発するために、非接触型アルコール用ディスペンサーなども提供し好評をいただきました。また、免疫力や健康意識の高揚、感染しにくい身体づくりのニーズが高まり、ふれあい業ならではの強みを活かした提案により健康食品等販売も増加し売上高が増加しました。

 卸売部門においては、今般の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による感染症予防に対する意識の高まりによりエアーマスク等の除菌消臭関連商品の販売や、除菌アルコール商品や夏季向けのクールマスク、冬季向けのホットマスクなどタイムリーな新商品投入も行い売上高が増加しました。

 売水事業部門においては、宅配水の販売と共に、いち早くアルコール消毒液等の販売を営業ルートに乗せることができ、既存のお客さまのみならず、医療機関や公共施設などの新規獲得につながり売上高が増加しました。

 一方、新型コロナウイルス感染拡大の中、販売促進の強化に努めたことなどにより販売費及び一般管理費は増加しましたが、売上高の増加により営業利益および経常利益も増加しました。当期純利益も一部の営業所の減損損失はありましたが増加しました。

 その結果、当事業年度における売上高は5,827百万円(前期比12.8%増)、営業利益は225百万円(前期比216.8%増)、経常利益は238百万円(前期比174.9%増)、当期純利益は94百万円(前期比841.1%増)となりました。

次期の見通し

 家庭医薬品等販売事業小売部門(ヘルス・ケア事業)は当社の中核事業であり、営業人員の積極的な採用はもとより、新規出店や新規顧客開拓に注力いたします。ふれあい業の強みを活かしお客さまの声や要望を的確に捉えタイムリーに新商品を投入してまいります。さらに、保険、電力販売、通信販売の各事業に続きストックビジネス事業にも取り組んでまいります。また、業務効率や勤務形態の更なる改善、ITを活用した営業サポートや教育の充実、新商品の開発強化等を図り一人当たりの生産性を高めてまいります。新型コロナウイルス感染症の流行により、お客さまからは改めて置き薬の利便性が見直しされ必要性が高まりました。そのため営業社員の定期的な訪問によりお客さまの様々なニーズにお応えする健康・衛生関連商品から日用品、食品等の商品をお届けしてまいります。

 家庭医薬品等販売事業卸売部門(ライフ・ケア事業)におきましては、今般の新型コロナウイルスの感染拡大の影響による感染症予防の意識の定着が見込まれる中、除菌消臭関連商品等の販売強化と共に除菌アルコール商品や夏季・冬季のマスクなどで開拓された取引先との継続取引等に注力いたします。さらに、アフターコロナも見据えた新商品開
発による販路拡大を図ってまいります。

 売水事業部門(アクアマジック事業)におきましては、ショップの新規出店や新規顧客の開拓ならびに配送の効率向上を図ります。ボトル水については自然災害などの防災対策としての備蓄や猛暑、酷暑が続くなかでの熱中症対策としても需要の喚起を促します。また、引き続き代理店や取次店の開拓並びに他企業との事業提携も視野に入れての拡充を図ります。新規取引先が開拓されたアルコール関連商品の販売の強化も引き続き行ってまいります。

 企業の核心である人の成長と活性化のために「人財」と「健康経営」による2本の柱で経営基盤を更に強化、安定させ、社内プロジェクトや委員会、制度改革等により社会・環境の変化へ適応し期待に応えてまいります。

 以上により2022年3月期の業績につきましては、売上高5,800百万円(前年比0.5%減)、営業利益230百万円(前年比2.2%増)、経常利益240百万円(前年比0.8%増)、当期純利益120百万円(前年比27.7%増)を見込んでおります。

2021年6月

ページの先頭へ