• ホーム
  • 採用情報
  • お客様広場・窓口
  • 会社情報
  • IR情報
  • ネットショップ
  • CSR(社会的責任)
ホーム > 新着情報&お知らせ

新着情報&お知らせ

2021.08.25

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)様から感謝状をいただきました

「きずなASSIST」は、ハンガーゼロ 一般財団法人日本国際飢餓対策機構【Japan International Food for the Hungry(JIFH)】のプロジェクト「コンゴ民主共和国キンシャサ、ルブンバシ地域の給食プログラム」を支援します。

8月25日(水)、ハンガーゼロ 日本国際飢餓対策機構(※)理事長・清家弘久様より感謝状を頂戴いたしました。


写真左(日本国際飢餓対策機構・理事長・清家弘久様)
写真中央(弊社会長・山田正行)
写真右(日本国際飢餓対策機構・啓発事業部・ジェロム・カセバ様)



私たちは、創業以来、「健康づくり、幸福づくり、人づくり」を企業理念に掲げ、パートナーであるお客さまとともに歩む企業でありたいと考えています。そして、お客さまとふれあいながら、健康づくりのお手伝いを通して幸福な暮らしをともに実現していこうという理念を広く世界という視野にまで広げたものが、私たち独自の国際社会貢献活動「きずなASSIST」です。


JIFH|一般財団法人日本国際飢餓対策機構


※日本国際飢餓対策機構(JIFH)は、非営利の民間国際協力団体(NGO)で、アジア・アフリカ・中南米等の開発途上にある国々で、現地のパートナーを尊重し、互いに成長しあう協力関係を築きながら、人々のからだの飢餓とこころの飢餓の解決のために活動されています。



●コンゴ民主共和国キンシャサ、ルブンバシ地域の給食プログラム
●対象となる受益者:ストリートチルドレン、見捨てられ栄養失調の子供
●プロジェクトの場所:キンシャサとルブンバシ
●受益者数:248人

●プログラムの最終的な目標: キンシャサやルブンバシにたくさんいるストリートチルドレンのような放棄された栄養失調の子どもたちを支援し、世話をしている他のパートナー孤児院と協力して、それぞれの家族のもとに戻し、お金を求めて再び路上に戻らないようにすることです。 第二に、私たちは彼らに自分たちの勉強に集中させ、良い学業成績を収めることを望んでいます。 これらの2つの主な目標に加えて、私たちは協力している孤児院に、地元の野菜、トマト、カボチャなど、子どもたちが通常食べる農産物の栽培を開始することも励ましています。

●活動報告(報告期間中に行った行動): 子どもたちを支援し、食料で支援するほかに、私たちは次のことも行っています。1.リーダーのトレーニング:孤児院のスタッフを対象に、年に2回コミュニティビジョントレーニングを開催しています。2.フォローアップ:キンシャサの孤児院を毎月訪問し指導者と話し合い、子どもたちの将来に向けた教育と準備を奨励しています。 私たちはストリートではなく家族の中で育つことの大切さについて彼らと話し合っています。ルブンバシの場合、私たちが協力している教会は、ルブンバシの地域スタッフと地元でフォローアップを行っています。3.祈り:私たちは地元の教会を活動に参加させ、子どもたちと一緒に彼らの健全な生活と神の守りがあるように祈ります。4.スポーツとゲーム:子どもたちは一緒にゲームをします。 時々彼らは一緒にサッカーや他の地元の子どもたちとのゲームを楽しんでいます。

●概要: 孤児院は運営母体の支援に加えて、私たちが支援する食料援助は子どもたちが少なくとも週に2回食事をするのを助けています。孤児院の指導者から聞いた証言によると、私たちの支援は栄養失調の子どもたちが体重を増やし、彼らの勉学に集中するのを助けています。2021年6月と7月にコンゴを訪れたとき、生活費が高騰していることに気がつきました。商品の価格が上がり、人々はかつてないほど苦しんでいます。特に貧しい人々が最も苦しんでいます。コンゴの現地通貨(コンゴフラン)はその価値を失い、インフレは地元の貧しい人々を苦しめています。世界中でパンデミックが続いているにもかかわらず、2つの地域(キンシャサとルブンバシ)の両方での給食プログラムは順調に進んでいます。すべての子どもたちは安全で保護されています。彼らは皆、私たちがいつも彼らに与える食料について、日本からの応援にとても感謝しています。進行中のパンデミックにより、コンゴでの生活はますます困難になり、子どもたちは私たちの支援にさらに期待するようになりました。地元の人々は我々に、食料のサポートについてJIFHとそれを応援くださる中京医薬品様に感謝するように述べています。特に、コンゴで食料価格がほぼ2倍になり、covid-19パンデミックのこの困難な時期に。彼らは私に日本の支援者の皆様に感謝を表していました。手を差し伸べていなければ彼らの生命は途絶えていたかもしれません。

 

 

ページの先頭へ